FC2ブログ

12年前に書かれた忌野清志郎さんから日本のみんなへのメッセージ

瀕死の双六問屋(忌野 清志郎)

↓12年前に書かれた忌野清志郎さんから日本のみんなへのメッセージです↓

地震の後には戦争がやってくる
軍隊を持ちたい政治家がテレビでデカイことを言い始めてる
国民をバカにして戦争に駆り立てる
自分は安全な所で偉そうにしているだけ

阪神大震災から5年
俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた
テレビをつけると五ケ所ほどから火の手が上っていた
これはすぐに消えるだろうと思ってまた眠った
六時間後に目が覚めると神戸の街は火の海と化していた

この国はなにをやってるんだ
復興資金は大手ゼネコンに流れ
神戸の土建屋は自己破産を申請する
これが日本だ私の国だ

とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って
返り咲いた政治家がいる
政治家はみんな防衛庁が大好きらしい
人を助けるとか世界を平和にするとか言って
実は軍隊を動かして世界を征服したい

俺はまるで共産党員みたいだな
普通にロックをやってきただけなんだけど
そうだよ売れない音楽をずっとやってきたんだ
何を学ぼうと思ったわけじゃない
好きな音楽をやってるだけだ
それを何かに利用しようなんと思わない
セコイ奴らとは違う

民衆を騙して民衆を利用して
いったい何になりたいんだ
予算はどうなってるんだ
予算をどう使うかっていうのは
いったい誰が決めてるんだ
10万円のために人を殺すヤツもいれば
10兆円とか100兆円とかを動かしてるヤツもいるんだ
いったいこの国はなんなんだ

俺が生まれて育ったこの国のことだ
キミが生まれて育ったこの国のことだよ

どうだろうこの国の憲法第9条は
まるでジョンレノンの考え方みたいじゃないか

戦争を放棄して世界の平和のために頑張るって言ってるんだぜ
俺たちはジョンレノンみたいじゃないか

戦争はやめよう平和に生きよう
そしてみんな平等に暮らそう

きっと幸せになれるよ




<サマータイム・ブルース/RCサクセション>

暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
ひと気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬もそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえうちに漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる
要らねえ もう要らねえ

電力は余ってる
要らねえ 欲しくねえ

原子力は要らねえ 
危ねえ 欲しくねえ

要らねえ 要らねえ
電力は余ってる
要らねえ 危ねえ




<ラブ・ミー・テンダー 忌野清志郎>

何言ってんだー、ふざけんじゃねー
核などいらねー
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ
何やってんだー、税金(かね)かえせ
目を覚ましな
たくみな言葉で一般庶民を
ダマそうとしても
ほんの少しバレてる、その黒い腹

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

Love me tender, love me true
Never let me go
Oh my darling, I love you
ダマされちゃいけねぇ

何やってんだー、偉そうに
世界のド真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな




(この2曲は「素晴らしすぎて発売できません」という新聞広告(1988年6月22日付全国紙)と共に発売中止となった曲だそうです)

関連記事

杏子

::: まぁ~るい心で生きる :::

Search

BlogPeople(Link)

Trackback

Mail form


     Mail form